【服図鑑Page.24】ワンサイズアップで履くのがオススメ!ノースフェイスのバーサタイルショーツが優秀すぎる!

服図鑑
スポンサーリンク

皆さん、こんにちは。
「シンプル×上品」をモットーに、流行をガン無視した、いつの時代でも色褪せない普遍的なアイテムやスタイルをこよなく愛する20代の服狂サラリーマン、Fukuです。

服図鑑のページでは、私のクローゼットの中にある、服や靴、小物や鞄など、本当に大切で、大好きな、あれこれ、それこれを、紹介するページになっております。

24ページ目は、THE NORTH FACEのバーサタイルショーツになります。

スポンサーリンク

THE NORTH FACEとは


THE NORTH FACE とは、1966年に米国で創業された、アウトドアブランドになります。山岳で、登山が難しい北側のことを指す、ノースフェイスが社名の由来となっております。

その高い機能性から、数々のクライマー達に信頼され愛用されているのは勿論のこと、タウンユースでも使用できるデザイン性の高さから、年齢問わず非常に人気の高いブランドになります。

バーサタイルショーツとは


今回ご紹介するバーサタイルショーツとは、軽量で乾きやすいナイロン素材を採用した、水陸両用パンツになります。

水陸両用パンツと聞くと真っ先に思い浮かぶのは、Patagoniaのバギーズショーツだと思いますが、それに負けないくらいの人気があり、毎年すぐに完売してしまいます。私もなんとか、マイカラー、マイサイズを手に入れることができました。

アウトドアの機会が多くなるこれからの季節に非常に重宝する一枚になります。


後ろはこんな感じ。シンプルなデザインでコーディネートの邪魔をしません。


裏返すとこんな感じ。Patagoniaのバギーズショーツと違い、ライナーは付いておりません。


生地感に関しては、シャリっとしたシワ感のあるドライタッチに仕上がっています。

ウエストはスピンドル仕様になっており可愛らしいですね。また、全体的に静電気の発生を抑える静電ケアシステムを採用しております。



ポケットは、左右と後ろの計3つ。後ろのポケットは写真の通り、チャックが付いている為、貴重品や小銭などはこちらに入れておけます。

優秀過ぎる3つの特徴


夏も本格的に始まり、BBQや登山、キャンプなどのアウトドアで活躍するショーツを探していた時、このバーサタイルショーツに出会いました。

まだ使用して数回しか経っていませんが、





まぁー、優秀ですね。笑




購入して大正解なアイテムでした。
さっそく優秀すぎるこちらのバーサタイルショーツの3つの特徴をご紹介させて頂きます。

特徴① 水陸両用を超えた水陸山街両用パンツ


水陸両用?いいえ、違います。
こちらのパンツは



水陸山街両用パンツです。



水陸は勿論のこと、サイドにスリットが入っている為、動きやすくなっており登山も余裕です。

正直、これ一枚でほとんどのアウトドアシーンをカバーできてしまうほど、守備範囲が広いショーツです。また、シンプルなデザインの為、街着としても着用できます。

街着として着用する場合は、カジュアルになりすぎない(子供っぽくなりすぎない)コーディネートを心がけてみましょう。

写真のようにトップスに長袖を選んであげると、肌面積の露出を抑えれる=カジュアルになり過ぎを抑えることができる為、ショーツを大人っぽく着こなすことができます。


アウトドアとしての機能性と、街にも履いて行けるデザイン性を兼ね備えており、水陸山街どこでも履いて行ける汎用性の高さが非常に優秀です。

特徴② 驚くべき速乾性の高さ


速乾性の高さも驚きです。晴れた日であれば、川や海などに入ってびしょ濡れになっても、1時間ほどあれば乾いてしまいますので、帰るまでには乾いてしまいます。

替えのパンツさえ持ってきてしまえば、これ一枚で川・海に行って帰ってくることができてしまいます。

特徴③ 軽くて持ち運びに超便利!


丸めると非常にコンパクトになる為、鞄に入れておいても邪魔になりません。

旅行などにも気軽に持って行けるので、水着としては勿論、ホテルの部屋着としても活用することができます。

いつも持ち運ぶ時は、このようにノースファイスのマウンテンパーカーについていた収納バッグに入れています。いい感じでしょ?


サイズはワンサイズアップがオススメ!


肝心のサイズ選びですが、アウトドアシーンでの着用を考えているのであればワンサイズアップをオススメします。

私は、身長172㎝、体重66kgで、本来であればMサイズがジャストですが、ワンサイズ上げてLサイズを選びました。理由としては、2つあります。

一つ目は、ジャストサイズだと丈や裾幅が細く、いくらサイドにスリットが入っているからと言っても、少し動きづらいからです。

2つ目は、ワンサイズアップすることで、リラックス感を出すことができ、アウトドアシーンに馴染む着こなしができるからです。

今回、私はこちらのショーツをアウトドアで使用する為に購入しました。

アウトドアと言えば、大自然に囲まれた山や川でBBQやキャンプをしてゆったりとリラックスした時間を過ごす。そういうシーンを想像されるのではないでしょうか。

そのようなシーンで、ピタッとしたショーツを合わせたコーディネートよりも、ワンサイズアップさせてリラックス感を出したコーディネートの方が、その場の雰囲気に馴染む着こなしができるかと思います。

シーンに合わせてサイズ感を変えたり、素材感を変えたりすることで、自分自身をよりカッコよく、より美しく映すことができると思います。

以上、2つの理由から街着をメインで着るのであれば、ジャストサイズでも良いかもしれませんが、アウトドアメインで使用するのであれば、ワンサイズアップで履くのをオススメします。

コーディネート紹介


さて、お次は、こちらのショーツを使用した、私のコーディネートを全部で3種類ご紹介させていただきます。

コーデ① Tシャツ×ショーツ
Tシャツ:Hanes BEEFY
ショーツ:THE NORTH FACE
サンダル:mont-bell
腕時計:Hamilton
バングル:BEAMS HEART
帽子:THE NORTH FACE


ザ・アウトドアといった感じのコーディネートです。Tシャツをジャストサイズにすると全体のバランスが悪くなるので、一回り大きいサイズを着て全体のバランスを取っています。


コーデ② リネンシャツ×ショーツ
リネンシャツ:BEAMS
Tシャツ:Hanes BEEFY
ショーツ:THE NORTH FACE
サンダル:mont-bell
腕時計:Hamilton
バングル:BEAMS HEART
帽子:THE NORTH FACE


こちらは、川・海に行く時用のコーディネートです。トップスに長袖のリネンシャツを合わせて肌面積の露出を少なくしカジュアルになり過ぎるの抑えました。

コーデ③ マウンテンパーカー×ショーツ
マウンテンパーカー:THE NORTH FACE
Tシャツ:Hanes BEEFY
ショーツ:THE NORTH FACE
サンダル:mont-bell
帽子:THE NORTH FACE


最後は、山スタイル。サイドにスリットが入っていて動きやすいので、靴を変えてあげれば登山も余裕です。

夏のアウトドアはこれ一枚!


いかがだったでしょうか。水陸両用の代名詞ともいえるPatagoniaのバギーズショーツに引けを取らないほど優秀な、THE NORTH FACEのバーサタイルショーツをご紹介させていただきました。

アウトドアの機会が多くなるこれからの季節に大活躍する一枚だと思います。

かなり人気商品でどこも品薄の状態なので、見つけたら速攻買うことをオススメします。私もラッキーなことにラス1を店頭で見つけることができました。(私の場合は、速攻で買うことができず、ものすごく悩みましたが・・・。笑)

ネットにも、店頭にもどこにもない!っという方は、状態の綺麗な中古を購入するのも一つの手だと思います。

え?そんな簡単に中古品を探せるわけないだろ。って?




あるんです!



宝探しとも言われるほど難しい、自分の欲しい商品を中古で手に入れる方法。そんな魔法のような方法はこちらの記事を参考にして下さい。


革靴じゃなくてもこの裏技は使えますので是非ご活用下さい。

今回の記事が、皆様の購入時の参考になれば幸いです。

本日もありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました