【3年愛用】Ambの白スニーカー (9838)を徹底レビュー!3年履いた経年劣化も大公開!

服図鑑
スポンサーリンク


皆さん、こんにちは。
「シンプル×上品」をモットーに、流行をガン無視した、いつの時代でも色褪せない普遍的なアイテムやスタイルをこよなく愛する20代の服狂サラリーマン、Fukuです。

服図鑑のページでは、私のクローゼットの中にある、服や靴、小物や鞄など、本当に大切で、大好きな、あれこれ、それこれを紹介するページになっております。

10ページ目は、Ambの白スニーカー(9838)になります。

スポンサーリンク

Ambとは


Ambとは、2008年にイタリアで誕生したブランドになります。

元々は、Ambassadors by Verginia(アンバサダーズ バイバージニア)という名前でスタートしましたが、2014年のA/W時にブランド名をAmbへ変更しました。

元々の生産は、シューズブランドとして世界的に有名なコモンプロジェクトと同じファクトリーだったこともあり、その作りの確かさと流行に流されない普遍的なデザインは、私を含む多くの靴好きを虜にしております。

定番モデル「9838」とは


今回ご紹介するのは、Ambの中で絶対的定番に位置する「9838」というモデルになります。

カラーバリエーションは、白・黒・黒白(アッパー:黒、ソール:白)の3種類があり、今回私は白を選びました。


余分なモノを全て省いたミニマルなデザインが最高にクールです。


ヒール部分はこんな感じ。2018年S/Sにリニューアルをし、踵にループ状のストラップが付きましたが、2020年S/Sより、踵の部分のストラップはなくなりました。個人的には、ストラップなしの方が好きです。


インソールは厚みがあり、クッション性も良い為、歩行も非常に快適です。


最高過ぎる3つの特徴


購入して3年が経ちましたが、間違いなくこちらのスニーカーは最高です。


1年で1番履いている私靴だと断言できます。(笑)

そんな私がこちらのスニーカーの最高過ぎる3つの特徴をご紹介させていただきます。

上質なキップレザー


1つ目の特徴は、上質なキップレザーを採用しているところです。

キップレザーとは

生後6ヶ月~2年以内の牛革を指します。生後6ヶ月以内のカーフレザーよりも厚く、丈夫であるのが特徴です。


後からお見せしますが、丈夫な素材の為、3年履いた今でも現役バリバリとして活躍しています。

キャンバス地のスニーカーでは出すことができない上品な雰囲気があり、オン・オフどちらのスタイルでもキマるのが、レザースニーカーの良さになります。

特徴② 洗練されたミニマルなデザイン


2つ目の特徴は、洗練されたミニマルなデザインになります。

9838では、デザインや装飾を徹底的に省いたミニマルなデザインが特徴です。極限までシンプルなデザインにこだわることで、どんなコーディネートにも邪魔せず溶け込み、着こなしを格上げしてくれます。

2020年S/Sより、踵のストラップが排除されたので、よりミニマルなデザインになっています!(正直羨ましい・・・。笑)


また、個人的にオススメなポイントは、高級革靴でも採用されているグッドイヤーウェルト製法のコバの貼り出しを模したボリュームのあるソール。スニーカーだけど革靴のようなドレッシーさを兼ね備えている為、スラックスなどの綺麗めアイテムにもバチバチに合います。



特徴③ 汎用性の高さ


最後の特徴は、白スニーカー自身の汎用性の高さになります。

こちらの記事でも紹介している通り、白スニーカーは大人の男性が持つべき定番アイテムの1つだと思っています。


理由は、圧倒的な汎用性の高さ。


白スニーカーの汎用性は本当に高く、カジュアル~キレイめまでどんな服装でもマッチするのが最大の特徴です。ほら、どんなコーディネートでも相性抜群でしょ?


どんな服装でも悪目立ちせず、上手に溶け込んでくれる汎用性抜群の白スニーカーは、是非一足持っておきたい靴になります。


3年履いた状態がこちら


お次は、3年履いた状態をお見せします。


着用頻度に関しては、月に4~8回ほど。雨用の靴を持っていなかったので雨の日も履いていました。お手入れに関しては、汚れが目立ってきたらステインリムーバーで汚れを落として、透明な靴クリームを塗布していたぐらいです。


いかがでしょうか。3年間ヘビロテして履いていましたが、まだまだ全然イケそうです。革靴はともかく、スニーカーで3年間持つってかなり長持ちじゃないですか?。流石です。これからもガンガン愛用していきます。



【唯一のデメリット】価格が少し高い


本当に最高なスニーカーではありますが、唯一のデメリットが価格になります。

約25,000円と簡単には手が出せない価格帯になっています。(汗)

しかし、断言します。決して後悔はしません。


無駄を一切排除したミニマルなデザインと上質な素材から出る高級感、そして革靴のようなフォルムは、他の白スニーカーを圧倒するほど。様々な白スニーカーを見て、試してきた私ですが、この価格帯でここまで完成度の高いスニーカーは初めてです。

お手入れを欠かさなければ非常に長い間履くことができるので、初期投資は少し高いかもしれませんが、金額以上の価値は必ずあると思います。最上の白スニーカーを求めている方は超絶オススメな一足です。


サイズ感について


お次は、サイズ感についてご説明します。


Ambのサイズはヨーロッパ表記となっており、以下のサイズ展開になります。

 

EUサイズ 日本サイズ
39 24.0~24.5
40 25.0~25.5
41 26.0~26.5
42 27.0~27.5
43 28.0~28.5
44 29.0~29.5



ちなみに私は、普段のスニーカーと同じ、41を履いています。

スニーカーでも革靴同様、必ず試着をしてサイズ感を確かめてから購入しましょう。Ambは取り扱い店が少ないので、Amazonで購入するのが超絶オススメです。


Amazonであれば、購入者都合で返品ができるものが大半を占めているので、試着感覚で購入することができます。2サイズ購入してサイズ感を確かめてからサイズが合わなかった方を返品。ということも可能です。他にも、


・店員さんの視線を気にせず悩みたい。
・手持ちの服との相性を存分に確かめてから購入したい。


という方にも非常にオススメなので、上手に活用してみてください。



コーディネート紹介


さて、お次は、こちらのスニーカーを使用した、私のコーディネートを全部で3種類ご紹介させていただきます。

着用している洋服の詳細に関しては服図鑑に記事を載せていますので興味があれば是非チェックしてみて下さい。(記事がない洋服もあります。)

コーデ① Tシャツ×デニム
Tシャツ:UNIQLO
デニム:Acne Studios
腕時計:Hamilton


夏の王道コーデになります。キャンバス地ではなく、レザー素材のスニーカーを合わすことで、カジュアルになりやすいTシャツ×デニムを大人っぽく着こなすことができます。

コーデ② セットアップ
セットアップ:MACKINTOSH LONDON
Tシャツ:UNIQLO
ボストンバッグ:PELLE MORBIDA


革靴のようなドレッシーサーを兼ね備えている為、セットアップに合わせても最高にキマります。革靴だとカッチリしすぎな印象ですが、レザースニーカーを合わすことで上手にカジュアルダウンできます。

コーデ③ レザージャケット×スラックス
レザージャケット:SHIPS JET BLUE
タートルネック:UNIQLO
デニムスラックス:SHIPS


ワイルドな印象が強いレザージャケットも、白スニーカーを合わす事で、マイルドな大人っぽい印象にすることができます。

【まとめ】Ambの9838は、白スニーカーの最高傑作だ!


いかがだったでしょうか。Ambの白スニーカー(9838)についてご紹介させて頂きました。

まとめると、Ambの9838は、白スニーカーの最高傑作だ!です。

上質な素材を採用した高級感溢れる上品な雰囲気と革靴のようなフォルムは、オンオフどちらのスタイルでも最高に活躍する一足になります。

最上の白スニーカーを探している方、最高にオススメですよ。

今回の記事が皆さまのお役に立てれば幸いです。

本日もありがとうございました。


タイトルとURLをコピーしました