Tシャツの丈を詰めて、マイサイズにお直ししよう!

Fukuの記事
スポンサーリンク


皆さん、こんにちは。
「シンプル×上品」をモットーに、流行をガン無視した、いつの時代でも色褪せない普遍的なアイテムやスタイルをこよなく愛する20代の服狂サラリーマン、Fukuです。

すっかり春も終わり、夏が本格的に近づいてきていますね。

夏と言えば、、、、そうですよね。
もちろん皆さん分かってらっしゃいますよね。それでは、せーので言いましょうか。


夏と言えば~?(せーの)


















Tシャツの丈のお直し~!!
















はい!ありがとうございます!皆さん息ピッタリでしたね。そうですね。夏と言えば、




Tシャツの丈のお直し



ですよね。


本日は、夏の定番テーマである、Tシャツの丈のお直しについてお話させていただきます。

スポンサーリンク

先日購入した、UNIQLOのスーピマコットンT


こちらは、つい最近購入したUNIQLOのスーピマコットンクルーネックTになります。1,000円という価格でありながら、世界三大綿の一つであるスーピマコットンを使用しているコスパ最強のUNIQLOの定番アイテムになります。

詳しくは、服図鑑Page.21をご覧下さい。


私は、このTシャツを非常に気に入っていて、今回購入した枚数を合わせると合計で5枚所持しています。そのくらい気に入っており愛用しているのですが、一つだけ残念なポイントがあるんです・・・。

一枚で着るには、丈が長すぎる・・。


私は、身長172㎝、体重67kg、反復横跳び72回でこちらのスーピマコットンクルーネックTのⅯサイズを着用しているのですが、一枚で着るには丈がちょっと長すぎるんです。

身丈が67㎝あるので、インナーとして着用する時は、何も問題ないのですが、一枚で着ようとするとこの通り。丈が長く全体のバランスが悪くなってしまいます。


UNIQLOに限らず、皆さんも同じような経験をしたことありませんか?肩幅に合わせてTシャツを選ぶと丈が長くなってしまったり、非常に好みのデザインのTシャツを古着屋さんで見つけたが、着丈が長すぎたり。

インナーとしてであれば特に問題ありませんが、Tシャツが主役になるコーディネートでは、丈感というのは全体の見栄えを左右する非常に重要なポイントになります。

どんなに気に入っているデザインや、素材だとしても、着用している自分がカッコよく映らないと着る気は失せてしまいますもんね。

丈が長ければ、短くすればいいじゃない。


しかし、丈が長いからといって諦めるのはまだ早いです。

かの有名なフランスの王妃、マリー・アントワネットがおっしゃっておりました。






「丈が長ければ、短くすればいいじゃない。」





と。


そうなんです。冷静に考えると、この世にある洋服の大半は既製品なんです。その既製品の中から、自分の好みのデザイン且つベストなサイズ感の洋服なんて出会えるほうが珍しいと思いませんか。

だったら、マイサイズにお直ししてしまえばいいのです。

丈が長かったら、短くしてしまえばいいんです。

お直しまでの3つのステップ


それでは、さっそくTシャツのお直しを実施していきます。

Tシャツをお直しに出す際に必要なステップ3つに分けましたので、ご紹介致します。

ステップ① マイサイズを把握する。


まず始めに、自分のベストな丈感を把握しましょう。

私の場合、Tシャツ一枚で着用する場合は63.5~64㎝がベストな長さになります。

サイズ感に関しては、完全に個人の好みですので、鏡の前でTシャツと向き合い、自分にとってのベストサイズを見つけて下さい。

ステップ② 洗濯をしてサイズを縮ませる。


新品のTシャツは、基本的に洗濯すると縮みます。

どの部分がどのくらい縮むかは、Tシャツによって異なる為、一概には言えませんが、基本的に洗濯をすれば多少は縮みます。私がいつも購入しているスーピマコットンクルーネックTも多少ですが、以下のように縮みました。


その為、新品のTシャツを購入したら、お直しに出す前に必ず一度洗濯をして、サイズを縮ませておきましょう。

新品の状態のままお直しに出してしまうと、洗濯後にお直ししたサイズから更に縮んでしまう可能性があるためです。

ステップ③ お直し屋さんに持っていく。


マイサイズの把握、洗濯を終えたら、いよいよお直し屋さんに持っていきましょう。


今回、私は、地元のお直し屋さんに持っていきました。

全国に展開しているお直し屋さんも沢山ありますが、正直、Tシャツの丈詰めなので、クオリティに関しては大差ないのでは?という考えがあり、いくつかのお直し屋さんに電話で見積もってもらい、一番安いお店を選びました。

価格は一枚1,500円(税抜)
納期は、約一週間でした。


価格に関しては、お店にも寄りますが、大体1,500~2,000円で行ってくれるお店が多いです。

お店によっては交渉次第で、まとめてお直しに出すと安くしてくれるところもあります。既に自分のマイサイズが分かっている人且つ、複数枚お直しにだすのであれば、交渉してみるのも良いと思います。

後は、わくわくしながら待つのみです。

完成品がこちら


待ち遠しい一週間が経ち、本日、無事に引き取ってきました。こちらが完成品になります。


・・・・・完璧です。大満足です。
元々の丈感と比べると一目瞭然ではないでしょうか。全体的なバランスも非常にいい感じです。


いや~最高です。Tシャツの価格が1,000円に対して、お直し代が1,500円でしたが、本当お直しして良かったです。

「バカじゃないの?(笑)」と言われることもよくありますが、これでいいんです。

私にとって、Tシャツは、あくまで消耗品なので、一枚にかける予算は3,000円と決めています。そういう考えの私にとって、3,000円以下で、上質な素材且つ自分の身体に合ったTシャツが手に入るっていうのは、非常にありがたいことなんです。


低予算でも妥協せずに、自分が本当に気に入ったモノを身に着けたいですからね。

洋服のほとんどは既製品。


いかがだったでしょうか。
今回は、Tシャツの丈を詰めて、マイサイズにお直しするというテーマでお話させていただきました。

先ほども、お伝えしましたが、世の中の洋服のほとんどが既製品です人の身体は千差万別の為、自分の身体にフィットする洋服に出会うというのは、非常に難しいんです。

そんな時に、お直しを上手く活用するのも、洋服を楽しむ為の一つの手段だと思います。

Tシャツの丈は勿論、ジャケットの丈やウエスト、パンツの丈や裾幅など、洋服というのは、色々な箇所のお直しが可能です。(私は、レザージャケットもお直しに出したことがあります。)

もちろん、過度なお直しは、洋服シルエットを崩してしまうこともありますので、注意が必要ですが、洋服はお直しが可能と覚えておくだけでも全然違います。

洋服のお直しを上手く活用して、もっと洋服を楽しんでいただければ幸いです。

本日もありがとうございました。



タイトルとURLをコピーしました